NEWS & TOPICS | 新着情報

フラッグフットボールに対する取り組み

2016.02.09

kobunflag01 kobunflag02

フラッグフットボールは、分かりやすく言えばアメリカンフットボールからコンタクト性を除いた、子どもや女性にも安全に楽しむことのできるニュースポーツのひとつです。鬼ごっこ的要素も含まれており、日常の遊びの中から競技性の高い分野まで、幅広く対応の出来るところが特徴のひとつです。

 

クラブオックスでは2009年4月より、川崎市内の小学校での授業へ講師を派遣するなど、フラッグフットボールの普及に取り組んでいます。またフラッグフットボール教室を川崎市内のスポーツ団体と共催し、地域の皆様とスポーツを通じた交流も行っております。(写真:川中島中学校にて行われたフラッグフットボール教室)

 

フラッグフットボールは2011年度より小学校体育における学習指導要領にも加わり、役割分担という競技の特性から、教育的意義が高いものとして評価を受けています。

 

川崎市では2007年に第3回アメリカンフットボールワールドカップを開催し、日本代表が準優勝という輝かしい成績のもと成功を収めました。これを機会に「アメリカンフットボールを活用したまちづくり」を推進しています。当クラブでは、小学校で行われるフラッグフットボールの授業において、スタッフから指導員を派遣する等、事業のお手伝いをさせて頂いております。

 

現在は、旭町子ども文化センター(川崎区)内の活動におきまして週1回、フラッグフットボール教室のお手伝いをさせて頂いております。近隣で大会が行われる際にはチームを編成し、試合へも出場しています。

 

kobunflag03 kobunflag04

ルーツとなった創部から数えると、40年以上が経つ伝統クラブとしてのノウハウを生かし、指導・普及・振興につとめていきたいと考えています。 (写真:旭町子ども文化センターで毎週木曜日午後に行われているフラッグフットボール教室の様子)

 

 

(外部リンク) 旭町子ども文化センター フラッグフットボール教室